2軍昇格

2日間愛媛で試合で、今から福岡へ帰ります。
今回も1人2軍に上がります。
2軍昇格を伝える時は本当に嬉しい。

このまま絶対戻って来るなよ!
頑張れよ!
自分に負けるなよ!
image

「2軍昇格」への24件のフィードバック

  1. 親心に感動

    自分も、我が子を厳しい戦地へ送り出すような複雑な心境です

    3軍の戦力が減ると残りの試合が厳しい闘いになるでしょうし、特に遠征試合アウェー感たっぷりの中で選手達の士気も下がるでしょうが、選手達、諦めずに気合いで頑張って下さい!応援しています

  2.  入来さんの親心が、文面からも切実につたわってきます。

    ケガをせず、若い君たちの可能性=限界にチャレンジ!!

    いつも心から応援しています。

  3. 本当にカッコイイなぁ!! 
    ルックスと心根がピッタリしてる人って、そういない。

  4. *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

    二軍昇格おめでとうございます☆

    入来さんの嬉しさがとてもブログから伝わって
    きました☆

    今後の御活躍を応援してます!!

    *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

  5. こんにちは。
    専門学校の時の先生が、宮島サービスエリアで入来さんたちと一緒になったみたいです。
    羨ましいなぁ。

  6. 入來コーチ殿
    大変失礼な事を承知でコメントさせて頂きます。北方投手についてです。北方選手の成績は、8月21日現在、7試合、投球回数4 1/3の登板となっています。これは、DeNA在籍時と同じく、非常に少ない登板数です。(158㎞を記録した台湾遠征時を除く)
    北方投手は、高校時代からそうですが、登板試合数をこなして調整していくタイプと見てとれます。これではDeNA時代と同じです。練習ではなく、緊張感のある試合で投げる事こそ調整です。(北方投手ご本人は、そう思っていないでしょうが)コントロールが悪いのは諸刃の剣です。北方投手は、試合で調整していくタイプです。どうか、1球でも多く登板する機会を多く与えてやって下さい。

  7. 【番外編】
    住所:大阪市都島区善源寺町2-8-22
    店名:焼肉匠 とりあえず入来

    *9/14(月)オープンとの事。好い肉をガンガン喰わせて下さい!!
    10/7に伺います。とても楽しみ・・・・。

  8. 入来さん、さっきは写真一緒に撮ってもらって有り難うございました(*^ー^)ノ♪。
    明日、天気が持てばいいですね\(^-^)/

  9. また来年って言えなかったけど、
    ここで『また来年\(^o^)/』です。
    来年も試合、観に行けたらなぁ(*^^*)。

  10. 14日にチャゲさんがドームで国家独唱するんですね。
    その試合、観に行きたいけど平日だし。
    行きたいーっ。

  11. 栄誉ある2軍投手コーチご就任、誠におめでとうございます。
    日頃の努力が報われたことと、選手・スタッフのサポートに感謝ですね。

    身体が資本です。無理は禁物!!  しっかりとケアし、暴飲暴食は厳禁!!
    あなた一人の身体ではありません。

  12. 入来さんも2軍コーチ昇格おめでとうございます!
    入来さんの技術や心意気が選手達に伝わっている結果ですね。

  13. 入来さん、台湾は暖かいですか?
    タクシーの運転が荒いとか。
    気をつけてくださいね~♪

  14. もうすぐ今年も終わりですね。
    今年は入来さんにとって、
    とても充実した一年だったのでは?
    来年も今年以上の年になるといいですね(*^.^*)

  15. I think this is among the most significant info for me. And i am glad reading your article. But want to remark on some general things, The website style is wonderful, the articles is really great D. Good job, cheers bdfceddkkkbf

e-tele. にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>